おむつかぶれ

おむつかぶれの主な症状

おしっこやうんちの刺激などにより、炎症を起こして真っ赤にただれてしまうのが おむつかぶれの症状です。
悪化すると赤いブツブツができ、皮膚がむけてしまいます。
おむつの中がむれやすい夏や下痢が続いたときにもなりやすいので注意しましょう。
症状がひどいと、おしりがピリピリと痛むので、赤ちゃんは不機嫌になり、おしっこやうんちのたびに 泣くこともあります。

診断と治療について

おむつかぶれは、おしりの清潔と乾燥を心がけることが一番ですが、すでに 悪化してしまったときやただれがひどく皮がむけているときなどはすぐに病院で診断を受けるようにしましょう。
病院では、炎症を抑える薬が処方されます。

家でのケア

おむつかぶれを防ぐにはおしりを常に清潔にするように心がけましょう。
こまめにおむつを替え、おしりに汚れがついたままにならないようにしましょう。