水ぼうそうの予防接種

水ぼうそうとは

水ぼうそうは非常に感染力の強い病気です。皮膚と口の中に潰瘍ができるだけですが、
ウイルスはときに肺、脳、心臓、関節に感染することがあり、新生児や免疫機能が低下した人は要注意。水ぼうそうにかかったことのある人は免疫ができ、再度かかることはないとの事です。

時期

任意接種なので受けたい方だけです。

生後12ヵ月以降

接種上の注意

  1. 摂取日は激しい運動を避けましょう。入浴は大丈夫です。
  2. 健康な小児や成人では、ほとんど副作用はありません。
  3. ほかの予防接種は、4週間以上たってから受けてください。