妊娠

生理不順基礎知識

正常な生理の周期は約25日~38日くらいと言われています。
この周期が不順になる症状を生理不順と言います。
生理不順には24日以内に複数生理がおきる場合と39日以上たっても 生理がこない場合などがあります。
この他に生理時期が短かったり、長かったり、出血が多い、少ないなどの症状があります。

生理のメカニズム

生理は思春期を過ぎたあたりから月に一回、生殖器から出血をします。
初めて生理を迎えることを初経といい、現在では平均12歳ぐらいだと言われています。
毎月経験している生理ですが、そのメカニズムをきちんと理解している人は意外と少ないものです。
生理のメカニズムを理解することにより、痛みや不快な症状に対する心構えができ対処しやすくなります。
女性の卵巣内には、生まれたときから、卵胞のもとである原始卵胞が存在しています。
原始卵胞が卵胞に成長していくあいだに、卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌され、子宮内膜がしだいにやわらかくなり、厚くなっていくと言われています。

2週間ほどで卵胞が成熟して卵子が飛び出し、卵巣から卵管に排出(排卵)され、 排卵後、卵子が飛び出したあとの卵胞は「黄体」となり、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。

これにより子宮内膜の血管や分泌腺が発達し、内膜はさらに厚くなります。これは受精卵を子宮に迎えるための準備。卵子が卵管で精子と出会って受精して子宮内膜に着床すると、妊娠です。妊娠した場合、黄体ホルモンがさらに分泌されて子宮内膜を支えます。
しかし、妊娠に至らなかった場合、黄体ホルモンは約2週間で分泌されなくなります。
受精卵のための基盤づくりはストップし、子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンというホルモンの働きで子宮が収縮され、不必要となった子宮内膜がはがれ落ち排出されます。

このとき血管もはがれるので、約90mlの血液も排出されます。 この子宮内膜がはがれ落ちる現象が「月経」で、「生理」とも呼ばれます。
月経は5日間前後続き、その後また次のサイクルが始まります。

生理不順の主な症状

食生活の乱れ

食生活の乱れはホルモンバランスを崩す原因になります。
バランスよく食事することを心がけましょう。

睡眠不足・ストレス

睡眠不足やストレスなどもホルモンバランスを崩してしまいます。
脳はホルモンバランスを調整しているところであり、睡眠不足などによりホルモンバランスを崩す原因になります。

運動不足

冷え・血行不良

無理なダイエット

最近では、日頃のダイエットにより生理不順になっているケースが多いようです。
ダイエットをすることにより、ストレスをためたり、栄養バランスを崩してしまったりすることが 原因になります。

生理不順の治療と対策

食生活の改善

食生活は三食規則正しく食べるようにし、バランスよく栄養をとります。
特に血行をよくするビタミンE、体を温めるビタミンB群、ホルモンバランスを整えてくれる大豆製品、生理には必要不可欠といわれているミネラル(主に鉄分)、生理前のイライラにはカルシウムをとり精神を安定させます。
これらのものを積極的にとるようにしましょう。

適度の運動

生理不順の人には「冷え症」であると自覚している人も多いと思います。
「冷え症」は体の血液の循環の悪さからきています。
血流をよくするには、軽く運動をしたり、血液によいとされる食を中心とした栄養バランスに富んだ食生活を心がけてください。
血の巡りが悪いと、子宮内部の血の巡りも悪くなるので、生理不順になりやすい体質になります。

ホルモン治療

生理不順のほとんどの原因がホルモンバランスの崩れによるものです。
体に足りないホルモンを補うことにより、生理不順を整えていきます。
薬剤の服用、投薬に関しては、ドクターや薬剤師の指示に従いましょう。

早産について

妊娠22週から37週未満の時期に、赤ちゃんが生まれてしまうことを「早産」と言い、早産しかかっている状態のことを「切迫早産」と言います。早産児の体重は通常約2500グラム以下です。未熟な状態で生まれるほど、新生児は重症で命にかかわるような合併症を起こしやすくなります。
予定より非常に早い出生は、新生児の死亡原因の中で最もよくみられるものです。
予定より非常に早く生まれた新生児は、長期的な問題を抱えるリスクが高く、特に発達の遅れと学習障害がみられます。このような障害は、出生前に新生児の内臓が十分発達する時間がなかったことが原因で生じます。

早産の注意症状

下腹部痛や腰痛

突然、おなかや腰にいままでにない強い痛みが走ったとき、また周期的に痛みがあるようなときは危険サインと思って。
出血を伴うこともよくあり、そんなときは特に早めに診察を受けたほうがよいでしょう。

おなかの張りや痛み

おなかの張りは妊娠後期からはよくあるものですが、
異常につながる張りは「10~15分間隔の規則的なもの」で、「安静にしていてもおさまらない」もの。
また「月経痛のような下腹部痛がある」ときも注意して。

妊娠中期の出血

初期とは違って生理的な出血はほとんどありません。
流産の出血と同じように、痛みがなくても「月経2日目くらいの量」があったときは危険な兆候だと思って、診察を受けましょう

早産児の特徴

  • 体が小さい
  • 皮下に静脈が見える
  • 頭髪が少ない
  • 間隔の短い速い呼吸
  • 眠って過ごす

早産児は数日、数週間、あるいは数カ月間にわたって入院が必要になります。
ここ数十年で早産児の生存率は劇的に向上しました。
ほとんどの早産児で、長期的な経過の見通しはとても良好で、正常に発育しています。

早産の種類

自然早産

陣痛の発来や子宮頸管の熟化を主徴候とする早産と前期破水を主な原因とする早産があります。早産の75%を占めます。

人工早産

前置胎盤、胎盤早期剥離、胎児仮死などのために妊娠を中絶する早産を言います。早産の約25%を占めます。

切迫早産

切迫早産とは「妊娠22週以降37週未満に下腹痛、性器出血、破水などの症状に加えて、規則的な子宮収縮があり、内診では、子宮口開大、子宮頸管の展退などが認められ、早産の危険性が高いと考えられる状態です。

習慣早産

連続3回以上の自然早産の繰り返しをいう

早産の予防

お腹に力入れない

重いものを持ち上げたりするとおなかに力が入ります。
できるだけ避けましょう。また、高いところにあるものをとろうとして背伸びをするのも、おなかに力が入るので注意。

冷え

体が冷えるとおなかが張りやすいという人も。
迫早産と診断された人は、床など足元が冷える場所では、靴下をはく、足にひざかけをかけるなど、冷え対策して下さい。

立ちっぱなし

長時間立ち仕事をすると、お腹に力が入って子宮が収縮しやすくなり、これも早産や切迫早産の原因につながります。
家事をするのも、まとめて一気にやろうとせず、休憩を入れながら少しずつ。

動きすぎ

夜遅くまで遊び回るのは、ほどほどに。産後の楽しみにとっておきましょう。

ストレス

早産や切迫早産を招く要因として、最近ふえてきたのがストレスによるもの。
本を読んだり、散歩をしたりしてみては・・・。

セックス

安静にと言われた人は、産後までセックスはストップ。
順調な人でも、はげしいセックスは避け、感染予防のためにコンドームをつけることが早産予防につながります。
体調がよくないときやおなかが張っているときは控えてください。

妊娠と食事

妊娠中の食事と栄養

動物性たんぱく質をしっかりとる

妊娠初期は赤ちゃんの体や内臓が作られる大切な時期です。
そのため、卵・肉・魚・牛乳・乳製品などの動物性たんぱく質をしっかりとることが 大切です。

カルシウムは摂取しておきましょう。

妊娠初期は赤ちゃんの骨や歯の基礎を作るため、カルシウムは今まで以上に必要量が増えます。
味噌汁はカルシウムが豊富な煮干しでだしを取ったり、小魚類・小松菜などカルシウムが豊富な食材を食べるようにしましょう。

体重管理は大切だが、必要栄養素は摂取しましょう。

妊娠中の太りすぎは難産や妊娠中毒症につながるため、十分気をつけておきたいところです。
しかし、太りすぎたからといって食事の回数を減らしたり必要な栄養素が取れない食事内容では、 赤ちゃんに十分な栄養がいきわたりません。
カロリーを抑えて栄養は過不足なくとれるような、献立を考えてみてください。
自分で考えるのが大変な方は、本やネットを参考にしてみてください。

便秘を解消する食材

妊娠中は便秘に悩む人が多くなります。
子宮が大きくなり、腸が圧迫されたりホルモンバランスが変化したり、運動不足 により便秘になるといわれています。
便秘解消には、食物繊維をたっぷりとることを、心がけましょう。
食物繊維は緑黄色野菜・きのこ類・海藻・豆類に多く含まれています。

食べ物・飲み物について

野菜が苦手ですが、食べた方がいいですか。

緑黄色野菜はビタミンAやビタミンC、カルシウムや鉄分などのミネラル類がたくさん含まれており、
妊娠中はしっかり食べておきたい食品です。細かく刻んでひき肉料理に混ざるなどして、工夫してくてください。

太りすぎないように、肉料理は控えるべき?

肉を食べた = 太るというのは間違いです。肉には良質なタンパク質が多く含まれています。
ただし脂肪の少ない部分を選んだり、油をあまり使わない料理など工夫して食べましょう。

炭酸飲料が飲みたくなるのですが、大丈夫?

炭酸飲料は意外と糖分が多いので、なるべく避けるべきです。
また、炭酸飲料に含まれているリンはカルシウムの吸収を妨げるとも言われています。
のどが乾いた時は、なるべくミネラルウォーターや麦茶、番茶などを飲むようにしましょう。

お酒を飲んでも大丈夫?

妊娠中のお酒は控えるべきです。
お酒は胎盤を通っておなかの赤ちゃんにも伝わると言われています。
ビールをグラス一杯程度をたまに飲むくらいなら、それほど影響はないと思われていますが、できるだけお酒は控えておきたいものです。

栄養管理について

体重が増えなければ、甘いものを食べても平気?

妊娠中の栄養管理は、体重が増えないようにするだけではありません。
必要な栄養をバランスよくとることが大切です。
甘いものを食べるのは、いいですが食べ過ぎないように注意しましょう。

もともとやせ型なので、たくさん食べたほうがいいですか?

妊娠すると個人差がありますが体重に関係なく、10kg前後は自然に体重が増えるといわれています。
やせ型だからといって、食べ過ぎると肥満を招く可能性があります。
しかし、カロリーや栄養が足りないと、赤ちゃんの発育を妨げることになりますので、必要なカロリーと栄養はしっかりとるようにしましょう。

食事時間は毎日違うのですが、食事時間は決めるべき?

食事を決まった時間にとることは、食べすぎや便秘を防ぎ、栄養のバランスをとるうえでも とても大切なことです。
1日3食しっかり食べ、間食はほどほどにし、夜遅い時間に食べない。
これらは食生活の基本と言われ、妊娠中だけでなく、出産後の生活も同じです。

間食について

スナック菓子は食べても平気?

スナック菓子は、塩分や油分が多いので妊娠中はできるだけ避けたいものです。
またスナック菓子には、鉄分やカルシウムの吸収を妨げるリンが含まれていると言われています。
どうしても食べたい場合は、少量をあらかじめ別に取り分けて食べるようにしましょう。

ファーストフードはあまり食べないようがいい?

ファーストフードのほとんどのメニューは油分と塩分が多いので、できるだけ食べるのは控えたいものです。
食べたくなった場合は、野菜ジュースや牛乳を添えるなどし、カルシウムやビタミンCを補うように工夫しましょう。

塩分・香辛料について

塩分は控えたほうがいい?

濃い味付けに慣れている人は、薄味になれるのは難しいかもしれませんが、 塩分のとりすぎは、高血圧症や妊娠中毒症を引き起こす心配があります。
また、塩分をとりすぎると水分が欲しくなるの為むくみにもなります。
この機会に薄味の食事にならしていけば、健康な体作りにもつながりますよ。

唐辛子などの刺激物は控えた方がいい?

香辛料は食欲を増進させる効果があるため、妊娠中でも適度に摂取するのは問題ないといわれています。
むしろ香辛料で風味をつけ、塩分を減らすのはよい方法です。
ただし、胃が弱っているときは、胃を刺激してしまい下痢を起こす心配もありますので、食べすぎには注意しましょう。

妊娠検査薬

妊娠検査薬とは

妊娠すると特別なホルモンが多量に分泌されます。
このホルモンの有無を妊娠検査薬の検査キットに尿をかけてチェックするのが、妊娠検査薬の仕組みになります。
現在、市販で販売されている妊娠検査薬はかなり高い確率で判定できると言われています。
ただし、子宮外妊娠など正常な妊娠でない場合も同じホルモンが分泌されるので、早めに病院で診断を受けるようにしましょう。

いつ頃から反応がでるのか

一般的に生理予定日から1週間ぐらいで反応がでると言われています。
生理予定日の1週間後とは、前回の生理開始日に生理周期を足し、その日から1週間ぐらいになります。
生理予定日がわからない場合は、性交日から3週間ぐらいが、妊娠検査薬を使用する時期の目安といえるでしょう。
妊娠検査薬を使用する時期が早すぎたり、生理予定日の1週間後でもhCGの分泌が少ない場合は、陰性の反応がでることもあります。
陰性だったので妊娠していないと判断してもその後、生理が来ない場合はもう一度、妊娠検査薬を使用して検査をするか、 病院で診断してもらいましょう。

妊娠検査薬の種類

名前 特徴
オムロン 妊娠検査薬 クリアブルー ・ユニバス社が開発
・尿中のhCg検出する
・尿をかけるだけの簡単操作
・尿をかけ、判定まで1分間
P-チェックS ・初心者にやさしい
・採尿部が大きく尿をかけやすい
・判定結果もわかりやすい
ドゥーテストhCGプラスa ・採尿部が大きく尿をかけやすい
・陰性は「-」陽性は「+」
・スティックは持ちやすく滑り止めがついている
チェックワン ・スティックに尿をかけるだけ
・尿をかけ、判定まで1分
・スティックはスリムでもちやすい
・尿の跳ね返りが少ない

妊娠検査薬のQ&A

妊娠検査薬は想像妊娠に反応する?

妊娠検査薬は想像妊娠では反応しません。
妊娠検査薬は女性の体の中で作られる妊娠ホルモン(hCG)が尿の中にあるかないかを 調べる検査薬です。
想像妊娠の場合は、実際に妊娠していないので、hCGは分泌されず、検査結果が陽性 になることはありません。

ピルは判定に影響するの?

ピルは判定には影響しません。
ただし、ピル服用中止後は生理周期が不規則なことが多いため、服用をやめてから3周期(又は3ヶ月)ほどたってから使うか、医師に相談することをおすすめします。

妊娠検査薬っていつ頃から反応がでるの?

生理予定日の1週間後から反応がでます。
※個人差があります。

尿はどのくらいかければいいの?

ほとんどの検査薬は数秒かければ大丈夫です。
詳しくは使用する検査薬の説明を読んでください。

つわりについて

つわりとは?

はかなりの個人差があり、妊娠4~7週あたりに始まり、12~16週で終わると言われてますが、人それぞれで妊娠後期まで続く人もいます。
また、つわりが軽い方、全く感じない方もいます。つわりを感じない人はおおよそ1割とも言われています。

つわりの症状

嘔吐

吐き気、嘔吐を体験していると言われています。
重い人は、おう吐をくり返し水分なども摂取不能になり、脱水、飢餓状態として病院で点滴などの治療が必要になります。

においに大変敏感

食べ物の匂い、生活臭、たばこ等通常ではない嫌悪感を感じます。
また湿気に弱くダメージをうけやすいので、台所やお風呂の湯気が苦手になります。

食べ物の好みが変わる

今まで好きだったものが食べられなくなったり、一つの食べ物に固執したりします。
好きになる、というよりそれしか食べられないです。

胃のもたれ、むかつき

胃が痛くなったり、胸焼けがしたりします。

便秘や下痢

ホルモンの関係で妊娠中に便秘にになる人が多いです。

つわり中の食事の仕方

なるべく空腹にしないこと

少しずつ小分けに食べると胃にも負担がかからずラクです
でも食べづわりの方に向いている食べ方ですね。

氷をなめる

水は飲めないが氷なら大丈夫、唾がまずいので氷でごまかす、などなど。
氷のにおいが駄目と言う方もいらっしゃいますが、それは人それぞれ。利用されている方は多いです。

食べたあとすぐ横にならない

すぐに横になると、食べ物が上に上がってくるので辛くなる場合があります。
上体をなにかに斜めにもたれたり、または椅子に座ったりして、時間を持ってみてはどうでしょう。

吐いてもいいから食べてみましょう

消化のいいものなら、吐いても全部ではなく幾分かは消化されているそう。

飴をなめる

食欲もだいぶ抑えられ糖分の取りすぎを抑えられます。(お菓子よりはよい)

家族に食事を作ってもらう

つわり中は料理を作るのが苦手になる人が多いです。
においを直接吸う時間が長く、作る過程で気分が悪くなるからです。
なるべく作ってもらえる人はお願いしてみては・・・。

つわりはいつまで続くのか

つわりが終わる時期もさまざまですが一般的に5ヶ月ぐらいには終わるといわれていますが妊娠後期まで続くこともあります。
また、終わると今まで以上に食べれるのでその反動でかなり食べてしますこともあるかと思います。気をつけましょう。

イライラしてしまう

自分の気持ち

妊娠初期はつわりで気分が悪かったり、ホルモンの影響で気分の不安定な時期ですね。
月経前のようにイライラしたり、感情のゆれが大きかったりすること女性の方なら分かると思います。
お産の不安や育児の始まることへの心配が重なり、不安感が強くなったと思います。
胎児の成長を楽しみに前向きに考えるようにしたいものですね。
くよくよ考えたり暗い気分でいることは胎児に悪い影響を与えると思います。
不安に思ったことは友達に聞いたり、医師に聞いたり母に聞いたりするのもいいと思います。
誰もが乗り越えて赤ちゃんを産んでいます。大丈夫です。一緒に楽しみましょう。

心の準備

妊娠中のは長いようで短いものでした。
どう育てるか夫と話し合ってもいいし、赤ちゃんと遊ぶ楽しいことを考えるのもいいし、どんな名前にしようか悩むこともいいし、あっという間ですよ。
お腹の赤ちゃんと居られるのは一生の中でほんの一握りの時間です。
赤ちゃん一人一人の個性があるので、あまりとらわれず、力を抜いて子育てを楽しみましょう。

夫、周囲の協力

赤ちゃんが新しい家族の一員になります。1人で育児をすることは、大変なことです。頑張らなくていいんですよ。
みんなの力を借りてください。お母さんが穏やかな気持ちで居れば、自然と子供も育つと思います。

胎教の効果

胎教とは?

楽しいマタニティライフをおくるためのイメージング、安らかな良いお産をするためのイメージトレーニングになります。
お腹の赤ちゃんも聞いてます。クラシックでもいいし、ポップスでもいいし、毎日、お話してあげるのもきっと良いと思います。楽しみましょう。

お母さんの声が聞こえる

妊娠26週ぐらいから赤ちゃんの脳も次第に発育してる為聴覚系の組織できあがることが分かってます。
生まれてまもない赤ちゃんでも他人の人がいくらあやしても泣きやまないのにお母さんがあやすと安心したすやすや眠ってしますことがあるそうです。

お母さんの気持ちが伝わる

不安や恐怖など精神的な動揺も特殊なホルモンの分泌が血液の流れに直接影響して、赤ちゃんの心臓の鼓動に大きな変化をあらわします。お母さんがイライラしてると赤ちゃんもゆったりとした気分でいられないということです。

妊娠中毒症

むくみ(浮腫)

妊娠28週~32週ごろに足のむくみがでてきたら要注意です。
すねから足にかけて、指で押してみて、へこみができるようならむくんでいます。
普通の人は一晩寝ると治りますが妊娠中毒症の人は残ります。
また、後期になると1週間で500グラム以上増えると注意が必要です。

高血圧

妊娠中毒症になるとあちこちの毛細血管が硬く縮み血液が通りにくくなります。
そのため、血圧が次第に上昇していきます。
最高が140、最低90以上なら要注意です。重症になると最高が200をこえる人もいます。

タンパク尿

腎臓からでてきたタンパク質が尿に混ざって出てきます。
これがタンパク尿です。尿が白色に混濁していたら、危険信号。
重症になると豆腐のように白く固まったりします。

妊娠後期の体の変化

28~31週(第8月)

子宮底長は25~27センチになります。
このため、内臓全体が押し上げられて、息切れや動悸がしやすくなり、色々な不快感がでてきます。
また、背中や腰、足のつけ根がむくんでだるくなったり、腹痛や体の各部の痛みもでてきて、かなりつらくなる人もいるようです。

32週~35週(第9月)

子宮底の位置が最も高くなる時期で、子宮底長は28~30センチぐらいになります。
大きくなった子宮は、みぞおちのあたりまで上がってきます。このため、さらに内臓が圧迫されてつらくなる人が多いでしょう。
息切れや動悸が激しくなって、背中で息をしたり、便秘や痔が起こりやすくなります。

36~39週(第10月)

お産が近づいてくると、胎児が骨盤内に入り、だんだん下がってくるため、子宮底の位置も下がってきます。
子宮底長は30~35センチぐらいになりますが、これまで押し上げられた感じだった心臓や胃への圧迫が弱まって、呼吸も楽になり食欲もでてくるでしょう。しかし、今度は下部にある膀胱や直陽への圧迫が強くなるため、尿がでにくくなり、非尿後も残尿感がありすっきりしません。

妊娠後期の赤ちゃんの成長

28~31週(第8月)

身長は約40センチ、体重は1500~2000グラムくらいになります。
筋肉や内臓が発達してきて、体全体がしっかりしてきます。
顔はまだしわが多いですが、皮下脂肪もついてきて、全身がみずみずしい感じがしてきます。
神経、聴覚もやく発達し、外の大きな音に反応して、心臓の動きに変化が生じることだってあります。
胎位は次第に安定してきて、頭は下がってきます。

32週~35週(第9月)

身長は約45センチ、体重は2500グラムくらいになります。
皮下脂肪も増えて、顔、胸、手足などの全身の柔らかくて細かい毛がとれ、体に丸みがでてきます。
顔のしわも少なくなり、ピンク色の赤ちゃんらしい感じになっていきます。
爪も伸び、髪の毛も2センチぐらいになります。また、内臓器官などの機能も充実してくる時期です。

36~39週(第10月)

身長は約50センチ、体重は3000グラムくらいになります。
もう母体の外にでて、生活できるくらいに内臓器官も発達しています。
皮下脂肪も十分で、赤ちゃんらしい体型です。
頭の大きさは、体の4/1ぐらいで、頭の骨も硬くなります。