妊娠後期の体の変化

28~31週(第8月)

子宮底長は25~27センチになります。
このため、内臓全体が押し上げられて、息切れや動悸がしやすくなり、色々な不快感がでてきます。
また、背中や腰、足のつけ根がむくんでだるくなったり、腹痛や体の各部の痛みもでてきて、かなりつらくなる人もいるようです。

32週~35週(第9月)

子宮底の位置が最も高くなる時期で、子宮底長は28~30センチぐらいになります。
大きくなった子宮は、みぞおちのあたりまで上がってきます。このため、さらに内臓が圧迫されてつらくなる人が多いでしょう。
息切れや動悸が激しくなって、背中で息をしたり、便秘や痔が起こりやすくなります。

36~39週(第10月)

お産が近づいてくると、胎児が骨盤内に入り、だんだん下がってくるため、子宮底の位置も下がってきます。
子宮底長は30~35センチぐらいになりますが、これまで押し上げられた感じだった心臓や胃への圧迫が弱まって、呼吸も楽になり食欲もでてくるでしょう。しかし、今度は下部にある膀胱や直陽への圧迫が強くなるため、尿がでにくくなり、非尿後も残尿感がありすっきりしません。