妊娠

妊娠初期は注意が必要

妊娠初期の出血

子宮からの出血にはいろいろあります。月経時以上の出血もあれば、ほんの少しだったり、色のついたおりもの程度であったり。たとえ少量でも軽く考えずにすぐ意志に診てもらいましょう。

出血の原因はさまざまですが、やはり一番心配されるのは流産です。
出血があったらすぐ安静にしていることが大切です。
慌てて動きまわらず、家族や近くにいる人に協力してもらいましょう。
もし、夜中や休日で産婦人科に連絡がとれない場合は、休日・夜間診療センターなどに行くか、救急車を依頼する必要も出てくるでしょう。

ただし、出血があったからといってもすべてが流産してしまったり、重大な病気であるとは限りません。
流産でなくても不正出血のある場合もあるし、流産の兆候であってもその後の安静と治療で、無事健康な赤ちゃんを産むことも少なくないようです。流産が始まろうとしている切迫流産のときは少量の出血や下腹痛があります。
さらに進んで流産が開始してしまうと出血は多く、痛みも強くなってきます。
繋留(けいりゅう)流産は子宮内で胎児が死亡してしまった場合ですが、少量の黒っぽい出血がでることがあるようです。

子宮外妊娠

妊娠初期に起こる異常妊娠のひとつです。
この場合は出血よりも下腹部の激痛が大きな症状です。
これは、受精卵が子宮内の正しい位置ではなく、卵管などの別の位置に着床するために起こるようです。
例えば、卵管に着床すると狭く小さい場所のため、胎児が成長して大きくなると、卵管が破裂することになります。
手遅れにならないように緊急に医師の診察を受けるようにしましょう。

その他注意事項

お酒

アルコールは、胎盤を通じて胎児に吸収されます。
妊娠初期は胎児の器官が作られている時ですので、お酒は飲まないように心がけましょう。

たばこ

妊婦の喫煙は、流産、早産をひき起こしたり、生まれた赤ちゃんが低体重児であったりする率が多いと報告されているようです。また本人が吸わなくても周りの人の喫煙により間接喫煙となり、害があることが知られています。
家族にはこのことを話し、理解してもらうようにしましょう。

車の運転

いつも車を運転していて慣れている人であれば、大丈夫だといわれています。
しかし、途中で気分が悪くなることもあるので、そのような時はやめましょう。
車の運転に関しては必要以上の運転はやめておいたほうがいいかもしれませんよ。

スポーツ

スポーツに関しては、やり慣れていても激しいスポートはやめましょう。
流産の危険のない人は軽い散歩や疲れない程度の体操などが良いと思いますよ。

妊娠初期の主な症状

生理が遅れる

生理の周期は人によってそれぞれで平均は28日であり、お腹の中で妊娠しなかった場合、黄体ホルモンの分泌が低下し、 子宮内膜が剥がれ落ち、血液と共に体外へ排出されます。
これが月経です。妊娠が成立した場合、この月経(生理)は起こりませんが、生理と似た着床出血がおきる方もいます。

便秘気味になる

妊娠したら便秘気味になることはよくあります。
これは黄体ホルモンのために、腸管の活動が鈍くなるためといわれています。
下痢や浣腸などは自分の判断で使用せず、どうしても必要な場合は医師に相談しましょう。
それよりも食生活を見直してください。
野菜や海藻類を多く食べ、水分や牛乳などを多くとりましょう。

基礎体温が高温期のままである

基礎体温が低温から高温に移行して、高温が3日以上続くと排卵があったとわかります。
そのまま高温が14日以上続いた時は、妊娠かも・・・。

つわり(気持ちが悪い)

早い人では妊娠4週ごろ、普通は妊娠5〜6週ごろからつわりが始まります。
おなかがすくと吐き気を感じたり、吐いたりします。
朝起きて一番空腹の時に吐き気を感じるのがこの時期のママの特徴です。

下痢気味になる

お腹を冷やしたり、不消化のものを食べたり、ストレスがあると下痢を起こすことがあります。
ひどい下痢は流産の引き金にもなるので、医師に相談しましょう。

頭痛

つわりのことに頭痛になる人は少なくないようです。
頭痛止めなどを安易に飲まないように注意しましょう。
つわりが治まることには頭痛もなくなってくるはずですよ。

めまい

低血圧になっていると、立ち上がったときやお風呂上りにに目の前が暗くなったり、めまいを感じることがあった場合は、 姿勢を低くすることで、たいてい治まります。

血液検査で貧血があるといわれた人は、医師の治療を受けたり、食事に気をつけるようにしましょう。