つわりについて

つわりとは?

はかなりの個人差があり、妊娠4~7週あたりに始まり、12~16週で終わると言われてますが、人それぞれで妊娠後期まで続く人もいます。
また、つわりが軽い方、全く感じない方もいます。つわりを感じない人はおおよそ1割とも言われています。

つわりの症状

嘔吐

吐き気、嘔吐を体験していると言われています。
重い人は、おう吐をくり返し水分なども摂取不能になり、脱水、飢餓状態として病院で点滴などの治療が必要になります。

においに大変敏感

食べ物の匂い、生活臭、たばこ等通常ではない嫌悪感を感じます。
また湿気に弱くダメージをうけやすいので、台所やお風呂の湯気が苦手になります。

食べ物の好みが変わる

今まで好きだったものが食べられなくなったり、一つの食べ物に固執したりします。
好きになる、というよりそれしか食べられないです。

胃のもたれ、むかつき

胃が痛くなったり、胸焼けがしたりします。

便秘や下痢

ホルモンの関係で妊娠中に便秘にになる人が多いです。

つわり中の食事の仕方

なるべく空腹にしないこと

少しずつ小分けに食べると胃にも負担がかからずラクです
でも食べづわりの方に向いている食べ方ですね。

氷をなめる

水は飲めないが氷なら大丈夫、唾がまずいので氷でごまかす、などなど。
氷のにおいが駄目と言う方もいらっしゃいますが、それは人それぞれ。利用されている方は多いです。

食べたあとすぐ横にならない

すぐに横になると、食べ物が上に上がってくるので辛くなる場合があります。
上体をなにかに斜めにもたれたり、または椅子に座ったりして、時間を持ってみてはどうでしょう。

吐いてもいいから食べてみましょう

消化のいいものなら、吐いても全部ではなく幾分かは消化されているそう。

飴をなめる

食欲もだいぶ抑えられ糖分の取りすぎを抑えられます。(お菓子よりはよい)

家族に食事を作ってもらう

つわり中は料理を作るのが苦手になる人が多いです。
においを直接吸う時間が長く、作る過程で気分が悪くなるからです。
なるべく作ってもらえる人はお願いしてみては・・・。

つわりはいつまで続くのか

つわりが終わる時期もさまざまですが一般的に5ヶ月ぐらいには終わるといわれていますが妊娠後期まで続くこともあります。
また、終わると今まで以上に食べれるのでその反動でかなり食べてしますこともあるかと思います。気をつけましょう。